<nobr id="uxbdr"><track id="uxbdr"></track></nobr>

<em id="uxbdr"></em>
<object id="uxbdr"><rp id="uxbdr"></rp></object>

<font id="uxbdr"></font>

<object id="uxbdr"></object>
<delect id="uxbdr"><rp id="uxbdr"></rp></delect>

<object id="uxbdr"><option id="uxbdr"><small id="uxbdr"></small></option></object>
<i id="uxbdr"></i>
<thead id="uxbdr"></thead>

雙日株式會社

閉じる

中期経営計畫2023~ Start of the Next Decade ~
(2021年4月30日公表)

雙日株式會社は、2021年4月からスタートする3ヵ年の新しい経営計畫として、「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」を策定しました。

目指すべき姿?方向性

目指すべき姿?方向性

「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」

雙日グループは、2021年4月よりスタートする「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」の3ヵ年計畫を策定しました?!钢衅诮U営計畫2023」では、2030年の目指す姿として「事業や人材を創造し続ける総合商社」を掲げました。総合商社としての使命と考える、必要なモノ?サービスを必要なところに屆けつつ、「マーケットニーズや社會課題に応える事業や人といった価値を創造し続けることにより、企業価値の向上を実現する」というものです。そのためには、「マーケットインの徹底」、「共創と共有の実踐」、「スピードの追求」を実行することにより、マーケットニーズや社會課題に対する解決策を提案し、競爭優位や成長を追求していきます。これを実行していくために、組織や人材の変革も図っていきます。

「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」

定量計畫

定量計畫

注力領域?投資配分

中計2023では、「インフラ?ヘルスケア」、「東南アジアやインドといった成長市場でのマーケットイン志向」、「素材?サーキュラーエコノミー」の3つを注力領域とし、人材や資金のリソースも、この3つの領域に集中していきます。

注力領域?投資配分

規律あるBS?CFマネジメントによる成長

継続したBSマネジメントにより、優良資産から質の高い利益とキャッシュを創出し、成長投資と株主還元を行っていき、規律あるキャッシュフローマネジメントを引き続き実施していきます。

規律あるBS?CFマネジメントによる成長

価値創造の測定?評価

企業価値の向上を図る為に、株主資本コスト8%程度を意識したROE10%超を定量目標として掲げています。
この実現可能性を高めるために、中計2023では本部別にCROIC(キャッシュロイック)を経営指標として導入しました。 中計3か年平均で最低限達成すべきCROIC(キャッシュロイック)の水準を「価値創造ライン」として本部ごとに設定し、このラインをクリアすることを課しています。このCROIC(キャッシュロイック)を本部運営でも意識することで、ROE10%超を確実に実現していきます。
また、事業投資においても、ROICまたはCROIC(キャッシュロイック)が5%以上かどうかを、モニタリングすることで、既存事業投資についても資本コストを超える収益があげられているか、すなわち価値創造に繋がっているかを確認し、全社で企業価値向上に向けた意識を高めていきます。

価値創造の測定?評価

ESGの考え方~サステナビリテ?!ˉ隶悭欹螗?/span>

サステナビリティに関しては、企業理念、2つの価値、マテリアリティを踏まえた取り組みを経営の前提としています。
脫炭素社會実現への挑戦と人権の尊重を掲げ、2050年長期ビジョンである「サステナビリティ チャレンジ」の一つとして、2050年にCO2ネットゼロを目指して活動していきます。

サステナビリティ
ESGの考え方~サステナビリテ?!ˉ隶悭欹螗? class=

ESGの考え方~人材戦略

「事業と人材を創造し続ける総合商社」を目指し、「多様性を競爭力に」をテーマとした各種人材戦略に対する取り組みを行っていきます。

ESGの考え方~人材戦略

配當方針

中計2023における配當方針は、連結配當性向30%程度を基本とします。
PBR1倍に至るまでは、前年度の株価平均をベースとした、時価ベースでのDOE4%を、PBR1倍到達後は簿価ベースでDOE4%を、下限配當として設定します。

配當?株主還元
配當方針

本部別戦略

本部別戦略

「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」

「中期経営計畫2023 ~ Start of the Next Decade ~」(PDF)

將來情報に関するご注意

本資料に掲載されている業績見通し等の將來に関する記述は、當社が現在入手している情報及び合理的であると判斷する一定の前提に基づいており、業績を確約するものではありません。実際の業績等は、新型コロナウイルス感染癥の収束時期や、內外主要市場の経済環境、為替相場の変動など様々な要因により、大きく変動する可能性があります。重要な変更事象等が発生した場合は、 適時開示等にてお知らせします。

このページの先頭へ

qc7.app千彩直播,1024最新地址入口雅虎,佐山爱合集74部合集